活用シーン

イベントチケットの払い戻し

イベントやコンサートの延期・中止の際に発生するチケット代金の払い戻しに

こんなシーンで活躍します

コンサートやセミナー、スポーツの試合など、イベントの延期・中止に伴い発生するチケットの払い戻しに活用できます。
大規模イベントの不催行時には、顧客対応や大量の払い戻しなどさまざまな業務で手が回らなくなりがち。
CASH POSTなら大量の返金もAPI連携やCSVによる送金情報の一括登録で、
現場の負担を軽くしつつ、お客様へのスピーディーな返金を実現します。

イベント不催行に伴う払い戻しに関するお悩み

  • 一度に大量の返金が発生。
    銀行振込や現金書留では顧客ごとに
    送金情報の取得や登録などの対応が必要で、
    スタッフが払い戻し業務に追われている。

  • イベントを楽しみにしていた
    お客様をお待たせしないため、
    チケット代金はなるべく早く払い戻ししたい。

  • 他行振込や現金書留、
    郵便為替を利用した返金は手数料が高く、
    返金にかかる費用が負担となっている。

CASH POSTが
そのお悩みを解決します

  • POINT01

    大量の送金にも対応

    事業者様システムとのAPI連携や、CSVによる一括での送金登録が可能。
    API連携の場合なら送金業務はほぼ自動化に。

    一度に大量の送金が発生しても、担当者の手間を最小限に抑えることができます。

    *システム開発が要らない、送金情報を管理画面から個別登録する方法も提供しています。

  • POINT02

    お客様を待たせない

    お客様は、CASH POSTが提供する銀行振込、ローソン、ドコモ口座、セブン銀行ATMの4種の受取り方法から、24時間365日いつでも最短即時で受取りできます。
    郵便為替や現金書留のように、発送から受取りまで時間を要することなく、窓口や対面での受取り手続きも不要なため、お客様をお待たせしません。

  • POINT03

    手数料コストを圧縮

    現金書留、払出証書、郵便為替など従来の返金方法と比べて1件当たり40円以上の手数料を削減でき、郵送料も不要です。

    またCASH POSTの銀行振込なら、自行・他行による手数料の違いがないため、高額な他行振込手数料の削減にも繋がります。