☎03-6367-1100

受付時間:平日 9:00~18:00

資料請求・お問い合わせ

お知らせ

2012年9月10日

デジタルガレージ、『THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2012』を開催  ハードウェア開発の新潮流やeコマースの最前線を焦点に

~弊社共同創業者、MIT Media Lab所長の伊藤穰一が描くインターネットビジネスの近未来~ 

株式会社デジタルガレージ(大証JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役/グループCEO:林 郁)は、2012年9月28〜29日の両日、東京・恵比寿で 『THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2012 TOKYO』を開催します。8回目となる今回も例年通り、米マサチューセッツ工科大学 Media Lab所長に昨年就任した弊社 共同創業者 取締役の伊藤穰一をホストとして、インターネットビジネスの最新事情を取り上げます。

今回は「オープン・イノベーションから生まれる次世代インターネットビジネスの胎動 〜スマートフォンの先に見える未来〜」と題して、刻々と変化を続けるインターネット業界を支える「オープン・イノベーション」を軸に、「インターネット・デバイス」と「eコマース」の最先端で起こっている事例をひもときながら、近未来のインターネットビジネスについて議論を深める予定です。1日目のキーノートセッションでは、伊藤穰一によるオープニングスピーチに続いて、ドコモエンジニアリング株式会社 代表取締役社長の辻村清行氏、慶應義塾大学環境情報学部長 兼 教授の村井純氏の登壇を予定しています。 キーノートに続いて、以下の2つのトラックに分かれて個別セッションを開催します。

『インターネット・デバイス』トラック
インターネット業界のスタートアップ企業にとって、これまでは敷居の高かったハードウェアの開発がより身近になっています。3Dプリンターによる試作期間の短縮や、サプライチェーンの充実、オープンハードウェアの普及などがこれを牽引しています。このトラックでは、スタートアップ企業とハードウェア開発を巡る最新事情を紹介しながら、こうした動きが産業界に与える影響について分析します。

『eコマース』トラック
このトラックでは著しい成長を続けるeコマース分野に焦点を当て、決済事業やオンラインショッピングの最新動向を紹介します。オフライン販売のあり方を大きく変える可能性のある決済端末の近未来について議論を深めるほか、日本の一歩先を行く中国、東南アジアにおける決済事業やオンラインショッピングについて最新の事例を紹介する予定です。

本カンファレンスへの参加は登録制(有料)です。参加を希望される方は、下記「公式プログラムサイト」よりご応募ください。なお、ご応募は先着順となっております。定員に達し次第、受付を締め切らせていただきますのでご了承ください。

≪開催概要≫
■ 日 時 :
【DAY 1】 2012年9月28日 9:30〜19:00(開場9:00)
     レセプション・パーティー 19:00〜21:00
【DAY 2】 2012年9月29日 10:00〜18:00(開場9:30)

■ 場 所 :
【DAY 1】恵比寿・ウエスティンホテル東京 地下2階(東京都目黒区三田1‐4‐1)
【DAY 2】代官山DGビル9階(東京都渋谷区恵比寿南3-5-7)

■ 主 催 :
株式会社デジタルガレージ

■ 参加費 :
スタンダードパス(1トラックのみ参加可能) 25,000円
プレミアムパス(両トラックに参加可能)  35,000円

■ 登壇予定者 (一部) :
辻村清行(ドコモエンジニアリング株式会社代表取締役社長)、村井純(慶應義塾大学環境情報学部長兼教授)、Nicholas Wang(Makible共同創業者)、Bunnie Huang(Bunnie Studios)、Liam Casey(PCH International社CEO)、Ian McFarland(New Context社社長兼CSO)、Jan Michael Hess(Ecosummit創始者)、Cyril Ebersweiler(HAXLR8R創業者)、沖田貴史(ベリトランス株式会社CEO)、Michael Ruan(iResearch Consulting Group社COO)、岩崎純(『CardWave』編集長) ※敬称略、順不同

■ 公式プログラムサイト :
http://ncc.garage.co.jp

■ 公式Facebookページ :
https://www.facebook.com/NewContextConference

■ 公式Twitterアカウント :
@dg_ncc ハッシュタグ: #NCC2012

■ 取材申込み :
ncc@garage.co.jp